スポンサーサイト

  • author: スポンサードリンク
  • 2015.02.22 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

TOEIC初受験

お久しぶりです
新学期が始まり、あっという間にGWですね
新しい環境に慣れないこともあるかと思いますが、そんな中、一学期の中間試験がじわじわと近づいてるのではないでしょうか?
やりたいこと楽しいことたくさんあるかと思いますが、将来自分がやりたいこと楽しいことをやれているように、隙間の時間を有効に使ってメリハリつけて勉強しましょう!

自分も生徒に頑張れというだけではいけないと医学の勉強も始めました
それがTOEICです
恥ずかしながら3月に初めて受験しました笑
3月ということで直前まで学校のテストがあったので、究極の模試という参考書で本番形式で試験2回分とリーディングセクションだけを一回分したぐらいしか対策ができませんでした
特にそのリーディングセクション一回分というのは、試験当日の朝にやったのですが全然できなくて、正直本番も点数酷いことを覚悟してました。その時は時間内に全て解けなかったので時間配分だけは本番気をつけて望みました。
終わってみての手応えは、やれることはできたかな?といったところでリスニングではよく問われる時刻に関する情報など聴き逃してしまう箇所もあり実力不足も感じ、東大の院生の平均点730点(http://touch.allabout.co.jp/gm/gc/57672/)というのを見て、自分もそんなものかなと思ってました、、、

結果が届くのは、一ヶ月も先で忘れた頃にやって来ました笑

結果は855点でした
思ったより良くてホッとしました
より良い点数をとれるように努力して、生徒さんに信頼されるよう自分も頑張ります!

もうすぐ夏休み!!!!!!!!

お久しぶりです!!!!

春も過ぎ、今は梅雨真っ只中ですね・・・
これを過ぎれば、夏休みです!!!!

「夏を制するものは、受験を制する」なんて
言葉が受験業界では、広く使われているせいか
不安を感じた保護者さんからのお問い合わせが多い時期でございます


個人的には、毎日大切だと思っておりますが
確かに、家庭教師をつけて長時間やれるのは長期休みのメリットかもしれませんね!

よく言われることですが、夏は弱点を克服してほしいなと
個人的には思っております

と言うのは、普段はある程度決められたスケジュールで勉強していると思いますが
夏は自由がまし、より自分がやるべきことをやれるからです




下のリンクから素敵な受験ブログのリンク集に飛べます。
また、クリックしていただきますと、このブログの応援にもなりますので、ぜひよろしくお願い致します

入学式の時期になりましたね・・・

 こんにちは!

お久しぶりです
ブログを久しく更新しておりませんでしたね

いつのかにか
桜は見頃を過ぎて、このところの嵐で散ってしまいましたね・・
はかないものです( ノω-、)クスン

桜を見るたびに、命のはかなさについて考えさせられてしまうのは
きっとぼくだけではないでしょう



話はそれましたが、
桜といえば入学式ですよね!

今年は開花が早かったので、入学式まで持つかギリギリだったんじゃかいでしょうか?

入学式というと、合格を勝ち取った人のみに
与えられた権利のように思えてしまいますが

僕としては、これから合格を目指す人にこそ
見に行って欲しいと思っていたりします!

というのは、その合格を勝ち取った先輩の姿を
実際に目に焼き付けておくことは
目標のイメージが自分の中でより具体化するので
モチーベーションが高まり
勉強により身が入るという効果が期待できます!!!

ですので、恥ずかしかもしれませんが
学校の周りから眺めるだけでも
やってみるといいかもしれませんよ!

中学受験のきっかけって?

僕の通っている大学の同級生は栄光や開成、桜陰などの超進学校出身ばかりなので

中学受験生を指導する僕としては

興味のあったこんな事を聞いてみた


「どうして中学受験始めたの?
 どうしてその学校を選んだの?」


面白いことに

返ってきた返事は、みんなこうだった


「親に薦められたから」


やはり、小学生はみんな親に言われて勉強するようだ

その学校の良さを何度も説明されて、洗脳されたなんて表現する人もいた



こういったことからも

いかにモチベーションを高く勉強できるのかも

親の手助けが大切なことが見て取れる

洗脳は行き過ぎていても、それぞれの学校の良さをきちんと子供に教えることも

大切なのでしょう・・・


下のリンクから素敵な受験ブログのリンク集に飛べます。
また、クリックしていただきますと、このブログの応援にもなりますので、ぜひよろしくお願い致します

中学受験の保護者への負担

中学受験の生徒を持つと思うのは


お母さん、お父さんも大変だろうな〜


ということである・・・(・∀・i)タラー・・・


これは、受験生の保護者様から聞いた話しであるが

息子さんとケンカしたため、宿題を全く見てあげてない

と塾に連絡したところ


優秀な生徒さんでも、絶対に保護者が見てあげないと伸びない


と怒られたそうだ 笑

ちなみに、よくある「子供の勉強なんて見てない」

なんて、セリフはウソだとのこと 笑


ただ、実際のところ

子供の精神年齢としてまだ幼い面があっても

勉強の内容は結構難しいのですから、

お母さん、お父さん泣かせですよね・・・

ブログの読者さんもお子さんと共に受験終わるまで頑張ってください

下のリンクから素敵な受験ブログのリンク集に飛べます。
また、クリックしていただきますと、このブログの応援にもなりますので、ぜひよろしくお願い致します

聖光学院・浅野合格!!!

 こんにちは(。・ω・)ノ゙

三寒四温という言葉が適した時期になりましたね・・
ということは、
そう、

中学受験が終わったということですよね 笑


ということで
今年僕が指導した生徒さんの保護者様にお会いしてきました!!!

長い受験から開放され、
しかも、あの聖光学院浅野に受かったということからなのか
元々明るい方でいらっしゃいますが
さらに、何歳か若返ったようにさえ感じました 笑

その是非はさておき、
息子さんが受験に成功したら
幸せなのは当然ですよね・・・

息子さんのことを本当に心配していらっしゃるからこそ
僕に連絡をして、指導を依頼してくださったんでしょうし


振り返ってみると
その息子さんの指導は8月の中旬から始めました
指導した教科は算数と理科になります

その時の算数の偏差値は55程度といったところで
「算数で他の教科を引っ張りたいので、60程度とれるようにしてほしい」
とのことでした。

それから、毎週指導したわけですが
算数の各単元への理解を深めてもらうのはもちろんのことながら
その生徒さん特有の弱点やクセを指摘して改善することにより
11月の時点で偏差値65以上を取れるようになりました

それからは
志望校の傾向問題を解く時間問題を解く順序といったことを意識した
より実践的な勉強をすることもでき
その後のテストでも結果がでていたので、
僕としては、難関校でも算数でリードしていけると信じてました



実際、保護者様のお話によると
聖光の試験が終わった時に
「算数の神様が降りてきたから、受かったかもしれない」と言って出てきたそうです

その問題を見せてもらったのですが
直前に勉強した、速さや図形、周期の問題が出ていました 笑
おそらく算数で8割以上とって、かなりリードできたのではないかと思います


当然、受験を成功させることができたのは
本人の努力があったからこそなわけですが、
それに関して、少しはお役に立てたのではないかと思うと
こちらとしても、うれしいかぎりです

また新たな栄光に携われるよう努力していきたいと思います!

下のリンクから素敵な受験ブログのリンク集に飛べます。
また、クリックしていただきますと、このブログの応援にもなりますので、ぜひよろしくお願い致します

中学入試まであと5日!!!!!

 早いもので、もう中学入試まであと5日ですね堯( ̄0 ̄;

二月一日が第一志望の受験生もたくさんいらっしゃることでしょう!


そんな中、世間ではちょうどインフルエンザが大流行してきましたね.......

毎年のことですが、ちょうどタイミング悪く流行りますよね(ノω・、) ウゥ・・・



この時期は、どうしても夜更かししてしまいますが

免疫力を高めるため、そして本番に備えるためにも

朝方の生活にシフトしていきましょう!!!

あと、手洗い、うがいはかかせません


体調を万全に整えて、最高の状態で入試に望めることを祈ってます♪


下のリンクから素敵な受験ブログのリンク集に飛べます。
また、クリックしていただきますと、このブログの応援にもなりますので、 ぜひよろしくお願い致します

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村 にほんブログ村

センター試験後の出願校の決め方

 昨日、一昨日とセンター試験を受けられた方はお疲れ様です!!!


さっそく、学校や予備校で採点して、
どこに出願するかを考えてるところでしょう


さて
ここでよくある問題が
予想ボーダーに振り回されてしまうことです!!


予備校の出す予想ボーダーというのは
あくまで予想にすぎません


そもそも、あえて自分が出願を考えてるところとは違う学校を記入する人

予想ボーダーをみて、出願校を変更する人

母体数の影響から、実際の合格のボーダーとおおきく異なることが多々あります



ですから
その学校の過去問をやってみての感覚のような
個人的なものも大事にして欲しいです


入試と言うのは
不思議なもので
模試の偏差値順に合格届けが配られません!!!!!!!

必ず
そこには、その学校の問題との相性などがついいて回ります


データも確かに大切なのですが
出願で迷われた際には、ぜひ過去問を解いてみてください!!!

いよいよ新学期スタート(><)

 お久しぶりです
だいぶ記事があいてしまいすいません

ついに新学期はじまりましたね!!!

夏休みを上手に過ごせた人も、そうでない人も
ここで、気を引き締めなおしラストスパートといきたいところです

夏休み最後に、クラスわけテストがどこの塾でもあったかと思いますが
その結果に一喜一憂しないことが大切です

入試直前の模試で良いと、怠けてしまって
本番で失敗するというのは、本当によくあることですし
その逆も然りです








ブログ読者様からいただいた御相談の続き

この記事は前回の続きになりますので、前回の記事をお読みになってからご覧ください 


では、早速
速さと図形の問題の反復の仕方

について、述べたいと思います

二つの分野共に、受験での出題頻度が高く、とても重要な分野となります
が、割とできない生徒さんが苦しみやすいところかもしれません


まず、速さについて
速さの問題は、基本的に、道のりと速さと時間の関係が
理解されてることが大前提です

で、文章題になりますので、情報を整理する力が試されます

情報を整理するのは、道のりと時間の図を描くのが基本だと思います
また、単位にも気を配れることも必要です

速さの問題は、ほとんど問題がパターン化されてますので
何回も解き、図で情報を整理する力を養いましょう


次に、図形について
図形の問題は、中学受験で思考力を試すようないわゆる難問として
難関中学では出題されることが多い分野です
もちろん、それ以外の学校でも頻出です

図形の問題の勉強で陥りやすい罠は
答えを覚えてわかった気になりやすいことです

例えば、この角度とこの角度が同じになる

ということを理屈抜きに覚えていて、それで解けてわかった気になってしまうことが
多いです

図形の問題を解くときに、大切なことは
どうしてそうなるかという理屈です

例えば、錯角だから角度が同じだと言えないといけないですし
なぜ錯角かといえば、平行線だからと理屈に基づいて解ける必要があります

どうしても、図形の問題を一人で問いていると
視覚的な情報があるために感覚的に解いてしまいがちです

ですが、それでは少しひねられると間違えてしまう
応用の利かない受験生になってしまいます

ですので、図形の問題を勉強する際には
理屈にこだわってとくようにしましょう






ページトップへ戻る▲