• 1/4PAGES
  • >>

スポンサーサイト

  • author: スポンサードリンク
  • 2015.02.22 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

心理学を駆使した子供の叱り方 コンシャス アンド アンコンシャス ダブルバインド

自分の子供がだらだらしているのを見て
すぐに、勉強しなさいと
怒鳴ってしまうという話を保護者の方からよく聞きます

ですが、どうでしょうか?

お子さんは勉強するのでしょうか?

答えはNoではないでしょうか?

確かに言われて泣く泣く勉強してるかのようなポーズをとることは多いと思われますが、結局、隠れてダラダラしているだけってパターンが大抵だと思います

これは理由があって、お子さんだって、多くの場合、勉強しなければいけないことぐらい多かれ少なかれわかっています

しかし、それができなくてダラダラしてしまうのです

そこに勉強しろと言われても
ますます自己嫌悪に陥るばかりで改善しないのは当然です

そこで、保護者の方がやらなければいけないことは
勉強しないといけないとわかっているお子さんに
意識して簡単に行えることをやることを
勧めることです

例えばこのようにです
A 「音読5分間やってみたら、頭がスッキリすると思うよ」
B 「机の前にまず5分間だけでも座っていたら、勉強する気になるんじゃない?」

などと、意識すればできることを
意識してもなかなかできないことの前に
くっつけて勧めることを
コンシャス アンド アンコンシャス ダブルバインド
と、心理学では呼んでいて
とても大きな威力があることを
僕も日々実感しております

このトリックは、意識してできることをすることによって
意識してできないことまでも
無意識的にしてしまうということにあります
言われてみれば、確かにこのように勧められてやる気が出たという経験は誰しもがあるのではないでしょうか?

このように、まず簡単なことを導入として
目的のことを実行させるのは
とても効果的ですので是非やってみてください!

国公立医学部に合格するためのセンター試験対策

こんにちは 年末ということで、受験生としては最も辛いシーズンがやってきましたね笑

特に大学受験生はセンター試験対策で忙しいかと思います 

そんなわけで、今回はセンター試験の対策について話そうかと思います

医学部合格にはセンター試験の出来が最も重要です

今の時期は2次試験のことはいったん忘れて、センターのみに集中してください

センターさえできれば入れる大学たくさんありますので


さて、どう勉強するかですが、まずは過去問です 

科目にもよりますが少なくとも5年くらいはやったほうがいいでしょう

英語や国語などは古いのは傾向が違うのでやらなくてよいです

そのかわりに、各予備校で出されているセンター試験の科目別の問題集をやりましょう

これは全科目、駿台、河合、Z会のを購入してやりました

ケチってはダメです 医学部行くならこれくらい当たり前です
















↑実際に僕がやった問題集の一部です 
本当はもっとあります


予備校の模試の問題集の方が解説が良いのでストレスも少ないかと思いますし

古い過去問と違って新傾向に対応しています

紙面も本番のサイズですので、数学は特に計算スペースに慣れておくことができるかと思います

↓ はZ会の国語の問題集です 国語に関してはZ会と河合が特に良かったです









←古文ですが、識別の解説など詳しくまた見やすいですね

医学部目指す人なら、英語や理科では大失敗しにくいかと思いますが

国語や数学で崩壊して、足切りを食らってしまうのはとても多いので

まだ各予備校の問題集をやっていない人は急いでやってください!!!

ちなみに、河合塾のはこんな感じに点数と偏差値の換算表がついてるので、
客観的に自分の力を評価できますよ!


























ところで、センター試験対策といえば、パックです!
これも上記のことに追加してやらなければいけません

パックは受験生みんなやりますので、
パックに似た問題が出題された時に、自分だけやってないととても不利です

また、割りとよく問題が的中しているようですので要チェックです!

僕はZ会、駿台、河合のものをやりました!

友達と競ってやってみると良いかと思います
Z会のはネットで全国の受験生と競うこともできるみたいです
(僕の頃にはありませんでした笑)

やることがとても多くて大変かと思いますが、あと少しです
とにかく気を抜かずにやることが成功の秘訣かと思います

皆さんに、良い結果が訪れることをこころから祈っております
JUGEMテーマ:受験生






 

TOEIC900突破!

お久しぶりです!
医学の勉強に忙しいこともあり最近更新できておりませんでした

もう気づけば今年も残すとこ僅かですね!

そう言えばこないだTOEICを受けてきました 2度目の受験でした

結果は920点と目標の900点を達成することができました

テストのためにしたことは、模試1回解いたことと特急の文法やったことです 医学の勉強に忙しいのであまりやれませんでした
しかし洋ドラマを観てきたせいかリスニング力は着いてきているなーと模試を解いてて実感しました

勉強以外にも普段の生活の中に英語と触れ合う時間を作るといいのだなーと改めて実感しました
900点超えれずに悩んでる方は参考にしてみて下さい

テスト、模試、入試の際の服装

テストは集中力が命だ

寒いな〜、暑いな〜と思いながらでは話にならない

Tシャツ一枚のような服装は必ず避けましょう

パーカやシャツなど羽織るれるものは必須です

しかし、首元は詰まったものではない方がいいと思います

というのも、試験中にうまくいかないと頭に血がのぼるものです

襟が高いものは窮屈でしかたがないでしょう

面接があるような学校では、親としてはきれいな服装をさせたくなるかと思いますが

ボロくなければ大丈夫なはずです

そんな項目を設けるはずもありません

ブレザーなど着る場合は、本番前に着ることをなれさせましょう

入試は平常心を保つのが難しいもの

せめて、努力できる範囲で

いつもと変わらぬ環境を整えたいです

連立方程式とつるかめ算

中学受験では方程式を使っていいのか

ということがよく話題になる

これに似た話はよくあるのだが、どうして中学の知識を使ってはいけないのか疑問である

先のことまで勉強して、避難されるとはとてもおかしなことだ

中学受験でも、どんどん使ってほしいと思うが、

採点者の学校の考えとは異なるのかもしれない


ただ、以上のことから解き方に、方程式を書けないとしても、

方程式を勉強する意味は十分あると思う

つるかめ算では、マイナスが入った計算はできないし、スペースもとって計算しづらいからだ

ゆえに、計算手段として、方程式も勉強してほしいなと思う

夏休みをダラダラしないで乗り切る3つの方法

夏休みは、学校に行かなくては良いぶん、勉強が捗るのでは?と思いがちですが、意外とうまくいかないものです
そこで、今回は自分の経験からオススメできる、夏休みを乗り切る方法を紹介します

1、朝、外に出る!
休みですので、家にこもりがちになりますすると日光を浴びません
日光は、体内時計をリセットする力があるそうで、朝浴びることで、体を朝だと認識させることができます!
これをしないと、体内時計が崩れてグダグダの毎日の始まりです
自販機にジュースを買いに行くなど、軽く外に出て戻ってから勉強すると良いでしょう

2,勉強する場所をかえる!
いつも自分の部屋の机で勉強していると、気持ちが乗らなくなってくるなんて経験がある方は多いのでは?
そんな時は思い切って場所を変えてください
ずっと勉強していると刺激がなくて、飽きてきます
例えるなら、エアロバイクをずっとこいでる感じです
サイクリングしてきたくなるでしょう?
勉強もたまには場所を変えてやってみましょう!

続きを読む >>

see a movie とwatch a movie の違い

movie というとTVみたいなものだから,watch TV からの連想で watch a movie と言ってしまいがちですが

実は、see a movie という表現もあるそうで

違いはというと映画館に行って、映画を見るときに使われるみたいです

watch a movie はDVDを見るときなどに使うみたいです

受験生の子供の励まし方

家庭教師として、また弟を持つ兄、そして子供として最近ふと考えることは

親の期待と子供にかかるプレッシャーである

近年は少子化が騒がれる世の中だが、塾が次々と造られることに目がいく

どうしてなのだろうか?

それは、一人の子供に対して使うお金が増しているからなのだろう

つまり、昔よりも親は手塩にかけて、教育しているといえそうだ

努力したからには、その見返りが欲しくなるのが人間というもので

これだけお金をかけて育てたのだから、一流大学にいって欲しい

このような親の期待は、多くのご家庭にみられると思う

自分もそういった経験がある


そういった気持ちも理解できるが、だからといって

私がこれだけがんばったのだから、絶対いいとこ行きなさいよ

と子供にいってしまうのは反感を買うだけである

子供からすれば、親のために自分の人生を生きていると感じてしまうからだ

そうではなく

子供の明るい将来のために、お母さん応援するから、一緒に頑張ろう

と言って励ましてあげて欲しい

言ってる内容は結局同じようなものだが、後者の言い方なら

子供は自分の将来のために努力しようと思える 親のため、世間体を保つためではなく

こんなこと、わざわざ言わなくてもと思われるかもしれないが

子供は言われないとわからないものだ


 

サピックス大船校の評判、実績

サピックスは、私が小学生だったころは少人数精鋭といった感じで、日能研とは明らかに違ったイメージがありました。
入塾試験も厳しくて、誰でも入れるわけではなかったようです。校舎も神奈川県では、横浜校ぐらいだったのではかいかと思います。
今では横浜校・日吉校・たまプラーザ校・青葉台校・センター南校・上大岡校・大船校・茅ヶ崎校・宮前平校・若葉台校・東戸塚校・武蔵小杉校 とたくさんの校舎が神奈川県だけでもありますよね
これは、2010年に代ゼミの傘下に入ったことと要因みたいですね
1クラスの生徒数も以前に比べ、だいぶ増えているようです。

肝心の実績はと言いますと、今でもやはりいいみたいですね。
これは、大船校に話になりますが、
αクラスにいる生徒はほぼ有名私立に入学できるみたいで
開成、麻布が数名、栄光ですと10名以上合格するそうです。浅野となるとα2より下のクラスからでも多数の合格者が出るみたいで、サピックスの力は未だに健在みたいですね(校舎の差は大きいでしょうが)
そんなこともあり、激戦区の大船で高い支持を得ているのでしょう・・・

CBT 医学部4年時の試験

珍しく、医学部の話をしたいと思います。

医学部は4年の冬にCBTという、全国の医学部共通の試験を受けなければなりません。
この試験は6年の時に受ける、医師国家試験の簡単バージョンのような内容になっていて、全ての診療科に加え、生物や公衆衛生の知識も問われるので、事前にしっかりと対策をする必要がありそうです。
また、これ以外にも、4年時にはオスキーという実技試験をクリアする必要があり、てんこ盛りです。(^^;
そして、この二つの試験を乗り越えた人のみが、5年時に病棟実習を行うことができるのです。

以上のように、医学部に入ると勉強することがたくさんあります。ですが、その分得られるものも大きいかと思います。実際、自分は入学してとても良かったと思ってます。受験生の皆さんがんばってください!

ページトップへ戻る▲